ブランディングの根幹となるアイデンティティとイメージ

ブランディングの根幹となるアイデンティティとイメージ

こんにちは。EC通販の専門家、大上達生です。

ブランディングの基本では、〇〇といえば●●、という認識をお客さんの頭の中につくることが大切、と言われています。

例えば、牛丼だったら吉野家さん、みたいなことですね。

これはECやネットショップでも非常に大切なことで、寝袋だったら□□ショップ、みたいな状態が作れれば、競合に比べて非常に有利な立場にたてます。

具体的にはグーグルやヤフーなどの検索ワードで例えば、寝袋、と検索したら上位に出てくるようにするために、SEO対策やリスティング広告を打ったり、楽天市場やアマゾンなどのショッピングモールなどに出品するわけです。

そうするためには、まずショップがどう思ってもらいたいか、というところを決めなければなりません。

これがそのECショップのアイデンティティです。

そして実際にお客さんがショップをどう思っているか、というところ。

これがショップのイメージになります。

このアイデンティティとイメージを一致させる作業が、ECの「ブランディング」となります。

ショップのデザインから仕様、情報発信まで、このアイデンティティとイメージを一致させるワークとなってくるわけですが、ここにズレがあるとそのECはうまくいきません。

またこの話は詳しくできれば、と思いますが、ECでは、〇〇といえば●●という状態をつくることが大切。そして、どう思われたいかというアイデンティティと、どう思われているかというイメージを一致させることが肝要。

まずはそう覚えておきましょう。

いつもありがとうございます&感謝です。

今日も良い一日をお過ごしください^^
 
大上

大上達生のHPはこちらから

株式会社スタックアンドスタックのHPはこちらから

ECネット通販実務知識カテゴリの最新記事