2年間で年商1億円のEC事業を創る技術と考え方をお伝えします

ECで看板の部分にあたる大事なロゴとキャッチコピーについて

こんにちは。EC通販の専門家、大上達生です。

ECをオープンしたけど、お店の仕様、これで大丈夫かな・・・

そう思うことはおそらくほとんどすべての方にあるんじゃないかな、と思います。

ショップのデザイン云々のまえに、まず意識した方が良いのが「ロゴ」と「キャッチコピー」です。

よく実際のお店やイベント出展では、看板で「3秒」で何のお店か分かるようにせよ、と言われています。これはECでもまったく同じで、すぐにどういったお店かわからないと、商品自体に訴求力がない場合、お客さんは離れていってしまいます。

ECやネットショップの看板にあたるものが、「ロゴ」と「キャッチコピー」です。

広告業界では「Zの法則」や「Fの法則」と言われる、人が広告を見るときに自然と「Z」や「F」の文字を書く方向に視線が移動するという法則があります。

ですので、ロゴやキャッチコピーは、左上に置くことが原則です。昔は右上に置いた方がよい、という人も若干いたのですが、現在は左上が主流です。私も経験的に左上がいいと思います。パッと目につくところに配置することがまず基本です。

そしてキャッチコピーにはあなたのお店がどういったお店なのかというコンセプトを記載します。

キャッチコピーは、誰のための、何のお店なのか、お客さんにとってのベネフィット(≠メリット)は何か、ということがパッと分かるようになっているとベストです。キャッチコピーやコンセプトの話はここでふれると長くなってしまうので、また別の機会に詳しくお伝えできればと思います。

まずはECをオープンしたら、ロゴとキャッチコピーをショップの左上に配置しよう。そう覚えておいていただければと思います。

いつもありがとうございます&感謝です。

今日も良い一日をお過ごしください^^
 
大上
 
株式会社スタックアンドスタックHPはこちらから
   
渋谷クロスFM「カッコイイ大人ラジオ」HPはこちらから