2年間で年商1億円のEC事業を創る技術と考え方をお伝えします

ECのプロフィール写真は真正面が正解なのかどうか

こんにちは。EC通販の専門家、大上達生です。

ECやネットショップの店長のプロフィール写真。店長の印象でお店の印象も変わってくるだけに、どのような写真を載せるのが正解なんだろう、と思うこともあるかと思います。

プロフィール写真って、普通は真正面を向いたものだし、無難なものにしておこう。そういった方法をとられている方も少なくないんじゃないかな、と思います。

プロフィール写真に関しては、これが絶対いい、という絶対的な正解はなくて、ECの理想のお客さん、ターゲットとするペルソナが良い、と感じる写真を使うことが正解になります。

例えばこだわりの職人さんが作ったケーキのお店の場合など。真正面を向いた写真より、ケーキを真剣に作っているところの写真をプロフィール写真にした方が、ケーキ職人感は増すかもしれません。

逆に、商品の説明が多く必要そうな、電気用品のお店のような場合。きちっと真正面を向いたプロフィール写真の方が、お客さんにしっかり向き合って説明してくれる感じが増すかもしれません。

お客さんがあなたの会社のECやネットショップにどういったものを望んでいるのか。お客さんの像をクリアにして、顕在的もしくは潜在的にかかわらず、考えて自分なりの答えを持ちながらPDCAを回していくことが大切です。

プロフィール写真に関しては、ECの理想のお客さん、ターゲットとするペルソナが良い、と感じる写真を使うこと。それが肝要です。

いつもありがとうございます&感謝です。

今日も良い一日をお過ごしください^^
 
大上
 
株式会社スタックアンドスタックHPはこちらから
   
渋谷クロスFM「カッコイイ大人ラジオ」HPはこちらから