2年間で年商1億円のEC事業を創る技術と考え方をお伝えします

ECやネットショップで売れる販売ページを作る3つのコツ

こんにちは。EC通販の専門家、大上達生です。

商品の販売ページを作ったけど、アクセス数を増やしたら広告費ばかりかさんでしまう・・・

そんなことってありますよね。

アクセス数を増やして広告費ばかりかさんでしまうときは、商品単価(顧客単価)かコンバージョン(成約率)に問題があります。

<参考>
売上を決める大切な3つの要素と効果測定について

そして商品単価を上げるためにも、コンバージョンを上げるためにも、販売ページの作りこみはかかせません。

販売ページで商品の価値を伝えることで、商品の単価は上がりますし、見込みのお客さんが買わない理由をなくすためにも定番の必要な情報を盛り込んでおくことが大事です。

高価格、高成約率の販売ページの作り方の詳細については、また別の機会にお伝えしたいと思いますが、ここでは特に大事な3つのコツをお伝えさせてください。

販売ページで大切なことは次の3つになります。

1 検索される商品タイトル
2 お客さんからみたベネフィットや価値
3 信用と安心

それぞれ見ていきましょう。

1 検索される商品タイトル
まず商品タイトルはとても大事です。というのも、グーグルでもAmazonアマゾンや楽天市場といったショッピングモールでも、まず見込みのお客さんから検索してもらえなければ商品を認知してもらえません。見込みのお客さんが検索するキーワードを商品のタイトルにしっかり盛り込みましょう。

2 お客さんからみたベネフィットや価値
お客さんからみた利益、価値を伝えることはとても大事です。ポイントは「お客さんからみた」という点。独りよがりなベネフィットは相手には伝わりません。お客さんからみた商品の利点や価値を打ち出しましょう。

3 信用と安心
同じ商品を同じ値段でAというショップとBというショップが売っていたとしたら、お客さんの判断ポイントは「信用」と「安心」です。人は信用や安心できないショップや人、会社から商品やサービスを購入することはありません。お客様の声など、信頼を得るための要素を盛り込みましょう。

商品単価を上げるためにも、コンバージョンを上げるためにも、販売ページの作りこみはかかせません。上記の他にも盛り込まなければいけない要素は沢山ありますが、まず上記の3つのポイントは超重要です。しっかりおさえておきましょう。

いつもありがとうございます&感謝です。

今日も良い一日をお過ごしください^^
 
大上
 
株式会社スタックアンドスタックHPはこちらから
   
渋谷クロスFM「カッコイイ大人ラジオ」HPはこちらから