本質的にECサイトやネットショップはなんのためにあるのか

本質的にECサイトやネットショップはなんのためにあるのか

こんにちは。EC通販の専門家、大上達生です。

ECサイトの業務に毎日埋没していると、時折あれ、何のためにやっているんだろう、というようなときはありませんか。

そんなときは、一度立ち止まって、何のためにやっているのか再確認してみるのも、とても良いことです。

アクセスアップに、成約率アップ、値段のつけ方、デザイン、お店のストーリーから、受注、発注、アフターフォローなどなど。

ECサイトの要素や業務は多岐にわたりますが、本質的に何のためにECサイトはあるのか、というと私はこれに尽きると思います。

ECサイトを訪れてくれた人たちや利用してくれた人たちの「気持ちを明るくすること」です。

見に来てくれたときよりも、見ている最中や見終わったとき、または買い物が終わったとき、商品が届いたとき、商品を使ったときに、明るい気持ちになってもらえること。

それは言い換えると、

お客さんの心に明るい絵やストーリーを描くこと

ともいえます。

これはとても素敵ですごいことではないでしょうか。

自分たちの売りたいものを前面に出して、あおるようなサイトより、私はお客さんの素敵な未来が見える、新しい驚きや感動のある、ワクワクしてくるようなサイトをつくってほしいと思います。

お客さんの心に明るい絵やストーリーを描くためには、まずは自分たちがそのことを心から信じて、お客さんの代わりに描くことです。

それが提案となり、お客さんの心に響いていきます。

なんのためにやっているのかな、と思ったら、このことをぜひ思い出していただければ嬉しく思います。

いつもありがとうございます&感謝です。

今日も良い一日をお過ごしください^^
 
大上

大上達生のHPはこちらから

株式会社スタックアンドスタックのHPはこちらから

ECネット通販実務知識カテゴリの最新記事